【馬鹿ヤツテ企画】
深夜の森で最恐な状況下でホラー映画見てみた(上)

今年は最大9連休といわれているGWですが、特に予定がない。
しかし、GWに○○行ったよ!とか△△したで!とか話のネタを作っておきたい…。

ということで、兼ねてからやってみたかった「深夜の森で最恐な状況下でホラー映画見る」というのを実行してみた。

設営詳細

【決行日】
2017/5/6(土)

【場所】
和歌山県の某山奥。和歌山と奈良の県境目の森で決行。

 

【作品タイトル】
『パラノーマルアクティビティ』

 

【あらすじ】
幸せに暮らすひと組の若いカップル。ある日、家の中の様子がどこかおかしいことに気付き、悪霊がいると感じた二人は家中の至るところにビデオカメラを設置する。そして、二人が眠りに落ちた後に撮影された映像には、背筋も凍るようなものが映っていて……。

 

【設営機材】
ビニール布(白)、ロープ、クリップ、Bluetoothスピーカーx2、プロジェクター、ゴリラポッド三脚、ノートPC、外付けブルーレイドライブ、HDMIケーブル

次はホラーナイトのはじまり!!
つづきは【馬鹿ヤツテ企画】深夜の森で最恐な状況下でホラー映画見てみた(中)で!

今回使用した機材紹介

■ASUS S1 モバイルプロジェクター

– 投影方式DLP®
– LED光源(寿命約30,000時間)
– 輝度200ルーメン
– 最大解像度854×480ドット
– コントラスト比1,000:1
– 画面サイズ30~100型(41型投影距離約1m)
– 投影距離0.73m~2.43m
– 最大表示色 約1677万色
– 入力端子HDMI 1.3 (MHL対応)×1
– モノラルスピーカー内蔵 (2W×1)
– 幅110.5mm×奥行き102mm×高さ30.7mm
– 約342g
– 最大3時間投影可能で、モバイルバッテリーにもなる6,000mAhバッテリー内蔵

★こいつのここがすごい!!

其の一:コンパクトなのにバッテリー内蔵
– 最大約3時間投影可能なバッテリーを内蔵。
– 電源が取れないような環境でも手軽に投影できる。

其の二:モバイルバッテリー機能
– 本体に内蔵したバッテリーを6,000mAhのモバイルバッテリーとして使用できる。
– S1の電源が入っていない状態でも、スマホなどの充電ができる。

★今回使ってみて発見したこと

今回のホラーナイトでは通常の投影モードではなく、プレゼンテーションモードで投影を行なった。ASUS S1の性能上、最大3時間投影可能となっていたがプレゼンテーションモードでの投影ではそれよりも長く投影することが可能でした。

 

■Ultimate Ears UE BOOM

– フルレンジドライバー2基搭載
– Bluetooth接続最大15m
– IPX4取得の耐水性能
– 最大15時間再生可能

★こいつのここがすごい!!

其の一:IPX4取得の耐水性能
– IPX4取得とは防水規格の4番目にあたる。
– 防水保護が「あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない」と認められている。
– 入浴中に使用可能!急な雨が降ってきても問題なし!

其の二:驚きのバッテリーで再生時間が凄い
– 最大再生可能時間が15時間。
– 朝から晩までの長期イベントに最適。

其の三:無料アプリとの連携
– 専用の無料アプリで、イコライザー調整やアラーム設定が可能。
– さらに2台のBOOMを連動させて、ステレオにすることも可能!
– アプリのアップデートでボリュームが16段階から32段階にグレードアップ。

 

次はホラーナイトのはじまり!!
つづきは【馬鹿ヤツテ企画】深夜の森で最恐な状況下でホラー映画見てみた(中)で!

Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Share on Tumblr0Tweet about this on Twitter